タンパク質

シワ対策にも

成長因子を含んだプラセンタは美肌などの美容効果が高いため女性の間で人気となっています。
成長因子は細胞分裂を活性化するため新陳代謝を高めてくれます。
体の中からアンチエイジング効果があり、活性化された細胞からはコラーゲンやヒアルロン酸などの生成が促進されるためシワ対策にも効果があります。

シワの原因には加齢や紫外線、活性酸素があげられます。
加齢や紫外線によって細胞の働きが衰えてくると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成が減少していきます。
そのため肌のハリや弾力が失われ、保湿力が落ちるため肌が乾燥し小ジワができます。
さらに小ジワから深いシワへと進んでいくのです。
シワ対策には肌の保水力を高め、ハリと弾力を保つことが重要なのです。

小ジワは角質層の乾燥が原因となります。
角質層は水分、皮脂、天然保湿因子がバランスよく存在することで、潤いのある肌を保っています。
また角質細胞にある天然保湿因子は水分を吸収して保持しているため、角質層に潤いを与えてくれます。
加齢や紫外線によってこのバランスが崩れると、肌が乾燥したり皮脂が多くなり小ジワができやすくなります。
プラセンタには3つのバランスを整える働きがあるため、乾燥などの肌トラブルを防ぎ小ジワを予防、改善する効果があります。

深いシワやたるみは表皮の奥、真皮の繊維芽細胞の衰えが原因となります。
繊維芽細胞は肌のハリや弾力を保つコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成する働きをしています。
この3つの成分は真皮のハリや弾力を保ちシワやたるみを防いでくれるのです。
加齢や紫外線によって繊維芽細胞の働きが衰えると、コラーゲンなどの生成が減少し肌のハリや弾力が失われて、シワやたるみを引き起こすのです。
また紫外線やストレスによって体内に活性酸素が増えすぎると、繊維芽細胞が傷つき働きが弱くなってしまいます。

プラセンタの有効成分には成長因子が含まれています。
その中には繊維芽細胞増殖因子も含まれているので、繊維芽細胞を活性化してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進してくれるのです。
プラセンタには活性酸素を除去する働きもあるため、増えすぎた活性酸を減らして繊維芽細胞の働きを助けてくれます。
プラセンタにはコラーゲンを修復したり、保湿作用のあるアミノ酸も含まれているため、シワの改善や予防に効果があるのです。
また気になるプラセンタの副作用についてもしっかりと知っておきましょう。